Power vets

小動物臨床獣医学サイト

となりの院長さん

第7回 公益財団法人 動物臨床医学研究所 髙島一昭 所長 (財)鳥取県動物臨床医学研究所は年4月1日より、
公益財団法人動物臨床医学研究所に移行しました。

髙島一昭 所長動物

髙島一昭 所長 昭和43年11月生(42歳) 広島県広島市出身

【出身大学】
山口大学農学部獣医学科家畜外科学教室
鳥取大学大学院医学系研究科医学専攻博士課程

【所属等】
公益財団法人動物臨床医学研究所所長
倉吉動物医療センター/米子動物医療センター総院長
獣医学博士
医学博士
獣医循環器認定医
日本小動物外科専門医

【所属学会】
鳥取県獣医師会、動物臨床医学会、日本獣医学会、
日本獣医循環器学会、獣医麻酔外科学会、
日本獣医画像診断学会、日本野生動物医学会、
日本癌学会、日本病理学会、
獣医腎泌尿器学会、獣医神経病学会、
日本犬糸状虫症研究会

【役職・所属学会・所属協会・勉強会】
動物臨床医学会理事
日本獣医循環器学会評議員
日本獣医学会評議員
獣医神経病学会評議員
日本犬糸状虫研究会地方幹事
動物のいたみ研究会副委員長
小動物臨床栄養学研究会副委員長
日本獣医画像診断学会評議員
日本小動物獣医学会(中国地区)幹事
獣医麻酔外科学会評議員

財団法人の目的

1. 開業側が参加して有益であること

「この法人は、獣医学に関する臨床的研究を行い、併せて獣医療技術の向上を図るための教育と知識の普及及び情報提供を行うことにより、動物臨床医学の向上を図るとともに、人と動物の共生の探求及び動物愛護思想の啓発普及事業等を行い、もって獣医学術の発展と社会の福祉の向上に寄与することを目的とする。」

具体的には・・・

セミナー
  1. 獣医学術の振興・普及及び向上を目的とする事業(学会等)
  2. 獣医師、動物医療従事者等の人材育成の推進事業(セミナー、病院実習等)
  3. 臨床獣医学研究の推進事業(診断、治療法の開発研究)
  4. 海外との獣医学術振興事業(国際学術交流)
  5. 獣医事の向上及び普及啓発事業
  6. 学校飼育動物等及び動物介在活動支援事業
  7. 資料及び情報収集と情報提供事業
  8. 公益助成受託、共同研究及び受託試験事業
  9. 野生動物保護及び管理と自然復帰
  10. 公益目的事業推進に係る獣医師等の福祉向上事業
  11. 動物愛護思想の向上と動物との共生を推進する事業(動物ふれあいセンター、診療施設)
  12. 獣医学に関する出版事業
  13. 学会、出版等に付随する広告展示事業
  14. 物品販売事業
  15. その他この法人の目的を達成するために必要な事業 

合同カンファレンスは、月に1度倉吉市内で行われる症例検討会であり、1例1例の発表に時間制限を設けずに行われている。「知の市場」の連携期間、開講機関となり展開しており、獣医師や獣医系学生、動物看護師などを対象に受講者を広く募っている。

「この合同カンファレンスでは学術的なデータが全部そろっているかと言われたらそうではないが、本当の臨床現場の情報が詰まっている」(髙島所長)。

獣医系で最大規模の学会である動物臨床医学会が毎年1回、大阪で開催され多くの獣医師や看護師などを集めている。2010年で31回(31年)を迎えた。動物病院スタッフセミナーも古くから行っており、開業者に立った運営を心がけている。また、小動物臨床血液研究会、小動物臨床栄養学研究会、動物のいたみ研究会も開催し、より専門的な分野での情報提供も行っている。

2. 一般の方への確実な情報提供

  • 盲導犬育成事業、野生動物保護活動
  • 出版事業(家庭動物の医学大百科→一般向けの情報提供)を通じて正しい獣医学の普及
  • iphoneアプリ

インターネットで公開されている情報の正確さに疑問は残るが、患者はインターネットで情報収集する時代。この時代背景を受けて正しい獣医療情報を提供したいという気持ちから各分野の専門家を集め(獣医師119名)、イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科を出版した。現在までに、CASIOの電子辞書にも搭載、またiphone/ipad用のアプリもリリースされた。

イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科

そのフレンドリーな立ち振る舞いからは想像しにくいが、意外にも犬、猫のことを「わんちゃん」「にゃんちゃん」と呼ぶことを嫌う髙島所長。成犬、成猫に幼児言葉を使うことに抵抗があるのだろうか。一方、動臨研の活動でも正しい日本語に気を使っている。例えば、症例"発表"会ではなく症例"検討"会と、動物"臨床"医学研究所(臨床を入れていることが大事)を立ち上げた自分たちのスタンスを忘れないようにしていることが伺えた。

特徴・事業活動

第30回年次大会 盲導犬賞与式上記1・2の目的に基づいて運営される財団の特徴は、

  • 天下りなし
  • 独立会計
  • 補助金なし

と、完全な独立採算制と透明性を維持していることだ。財団のサイトには収支決算も公開されており、誰でもその活動内容を確認できる。

動臨研の活動分野

出版研究セミナー

「事業活動に関して、どの事業活動も収支がトントンの状態ですが、一般企業で言われる「設備投資」「市場開拓」「技術開発」といった概念を財団が持っているとすれば、今後どの分野に重点を置いて活動されていく予定でしょうか?」という質問を髙島所長に投げてみると、

「獣医学における治療学を持っている国内唯一の財団法人のため、以下、A,B,Cの学術活動に重きを置いていくことはもちろんのこと、一般市民への公益性を考えるとD,Eのような人的、国のサポートのような活動も今まで以上に力を入れて対応していきたい」との回答であった。

  1. 臨床的研究
  2. 刊行物の発行
  3. 学会や講演会の開催などの情報提供活動
  4. 獣医医療のスタッフの教育・養成などの人材育成活動
  5. 野生鳥獣の保護管理による自然資源の保護

取材を終えて

髙島一昭 所長動臨研と言えば獣医学分野で知らない人はいないほど知名度のある組織で、インタビューする側としてもイロイロ構えて今回の取材に臨んだが、髙島所長は良い意味で取材者の気負いを取り越し苦労にしてくれた。取材の中では、

「組織や病院が、大きくなればなるほど診てやっているんだという勘違いをしてしまう」

というコメントが非常に印象深かった。常に獣医師という職業を客観視する姿勢を持っていることが動臨研という組織を正常に機能させ続けているひとつの要因であることが感じられた。

 

第8回では獣医師、院長としての髙島先生をリポートする。

鳥取県動物臨床医学研究所